「慣らし運転」タグアーカイブ

新車Z900RSの慣らし運転

慣らし運転というのは賛否両論で、「昔のキャブレター車ならまだしも、今は意味がないよ!」と慣らし運転しない人もいるようです。

わたし自身は慣らし運転は大切だと思っています。
メーカーが出荷前に十分に機械のアタリをつけているならまだしも、それを購入者の個々に任せているのです。機械としての精度や耐久性、油脂類の性能向上など加味しても、エンジンの内部は実際に高速でギアが噛み合っているのです。
初めのうちはゆっくりとアタリをつけて、段々となじませるのがエンジンやギア類の寿命を延ばすことに繋がりそうですね。

他にもクラッチの入りやすさ、ブレーキパッドの馴染みや、新品タイヤの皮むきなど考えても最低でも500kmほどは丁寧に負荷をかけずに慎重に走行した方が良さそうです。

メーカー公表のZ900RS慣らし運転の距離は?

続きを読む 新車Z900RSの慣らし運転