カワサキ Z900RS 純正 グラブバー(99994-1013)の取り付け方法

前回は「カワサキ Z900RS 純正 グラブバー(99994-1013)を激安で買う方法」を紹介してみました。
ついにバイク本体が納車されたので、雨の日のうちに装着してみます。

用意する工具は「六角レンチ」だけでOK!!
特殊な工具は必要ありません。作業時間は不慣れな人は15分くらい?
慣れている人は5~10分だと思います。

購入時に付いてくる「取り付け手順」という紙を参考にすれば楽です。
ボルトAとカラーBを取り外します。
次に車体シート裏側のボルトAとワッシャBを取り外します。

その後にクラブバーを取り付けて、軽くゆびで仮止めします。
位置がしっかり決まったら六角レンチで締めればOKです。
規定トルクがあるはずですが、今回はなんとなく硬めに締めてよしにしてしまいました。何回か走行後に緩んでいないか確認すると良いと思います。

カワサキプラザで購入したのであれば1,000円で装着してくれます。
素人が作業した場合はネジの緩みがないか、たまにチェックすると安心ですよ。
逆に強く締めすぎてもねじ切れの原因となるのでご注意を。

わたしはカラーAを入れるのを忘れて、「あれ?ボルト長くね?」と早速一度ヘマをしました。10代の頃よくクラッチ交換やらブレーキパッド、フルード交換エア抜きしたもんだな…と若さって怖いですね。
リターンライダーのオジサマ方、作業に不安があればお金で解決しましょう!(笑)

比較写真はこちら!
初期仕様が…クラブバー(タンデムバー)をつけるだけで

うっ、かっこいい……。

ご覧いただけたであろうか・・・?

全然印象違いますネ

コレあると二人乗りした時に、同乗者の安定感がまったく別物です。
後ろに掴まるところあると発信したときに加速が怖くないです。

他にも一人で走っていても、狭い駐輪場などでふらついたときに、とっさに掴まって転倒を避けることができます。
あとは荷物をくくりつけるときにも便利だったり。

とにかくデザインが好きなのであれば、メリットしかない便利な棒ですヨ!お試しください。